過払い金とは

最近、テレビCMや広告などで「過払い金請求」という言葉を耳にしたことがありませんか。
この過払い金請求というのに関わる方は、今まで、もしくは現在進行形で借金の返済を行ったことがある人の一部です。

この過払い金請求というのは、お金を借りた金融業者に払いすぎてしまった返済金を返してもらうという方法です。
返済にあたり、お金を払いすぎてしまうという現象が起きてしまうのかというと、「利息制限法」と「出資法」という2つの法律の矛盾点が生じているからこそ発生してしまう現象です。
その矛盾点とは、この2つの法律で定められている利息の上限の違いです。

□利息制限法の場合。
これは、利息の上限を定めている法律であり、10万円未満なら20%、100万円以上であれば15%と決められています。

□出資法の場合。
これは、出資の受け入れ、預り金および金利等の取り締まりに関する法律であり、利息の上限が29.2%と決められています。
この2つの法律間で利息の上限に最大14.2%の差が生じてしまっているのです。
そして、多くの金融業者が利息の上限が高い出資法を基準に計算しているのです。
この利息の上限で生じてしまった金利は「グレーンゾーン金利」と呼ばれ、過払い金請求時にこの支払ってしまったグレーンゾーン金利を返してもらうことが可能になるのです。

しかし、借金返済中もしくは返済後に自身の返済金に過払い金が生じているということを知らずに返済している、もしくは完済してしまったという方がいます。
返済中であっても、完済後であっても10年以内であれば請求することが出来ます。
まずは、自身の借金の金利を調べてみることが重要です。



<TOPIC>
金融業者に払いすぎてしまった返済金を返してもらう過払い請求の相談が出来る法律事務所です → 過払い